医師

出産や中絶手術など妊娠に関する不安を婦人科で相談しよう

いろいろな治療法

待合室

生理前に起こる体調の変化には、PMSの異常が考えられます。それらの症状を緩和する為には、有効的な治療を施す必要があるでしょう。治療を専門的に行っている婦人科では、一人ひとりに適した薬を処方しています。

Read More..

心の変化を受けとめる

顔を覆う女性

妊娠や出産による心の不安

妊娠から出産は、女性のメンタル面にも大きく影響することがあります。いつもよりも悲しい気持ちになってしまったり、イライラして家族に当たってしまうことも少なくありません。それは女性ホルモンのバランスが変わってしまうことが原因とされているため、子どもが成長するにしたがって徐々に元のメンタル状態を取り戻すのが一般的です。しかし、その気持ちの変化や行動に戸惑ってしまい症状が重症化してしまうこともあります。マタニティーブルーといった、産後に起こる気持ちの浮き沈みにも同じことが言えます。心の不安やトラブルは心療内科や精神科で診てもらうことができます。神奈川県では、産婦人科や婦人科でもカウンセリングを行っていることがあるため、利用することも心の安定に役立ちます。神奈川県内でカウンセリングが設けられている産婦人科などを探すなら、インターネットが便利です。妊娠や出産の相談はもちろん、不妊治療や中絶手術、避妊のサポートなども婦人科で相談することができます。

心の病気の予防とケア

妊娠中の体調管理や産後の子育ては、思うようにいかないことがたくさんあります。その一つひとつに落ち込んでしまったり、自分を必要以上に責めてしまうことで、知らないうちに自分自身を追い詰めてしまうことになりかねません。また、止む終えなく中絶手術を決意したという人も罪悪感からストレスを抱えやすいでしょう。心の病気にかかりやすい人は、責任感が強く几帳面な人が多いと考えられています。カウンセリングを上手く利用しながら出産や中絶手術、産後の子育てを行うことで、自分だけでなく周りや子どもも安心して過ごすことができます。神奈川県では産婦人科や婦人科だけでなく、小・中学校にもカウンセリングの場を設けています。神奈川県のみならず、さまざまな場にカウンセリングを配置している県は多く、各地で心の病気の予防とケアに力を入れていることがわかります。

お互いにとって必要

病院

パートナーのことを真剣に考えているのなら、必ず必要になるのが避妊薬です。国内であれば婦人科へ行く必要がありますが、個人輸入を利用すれば通販を利用してすぐさま購入することができる上に安価です。

Read More..

ピルの利用

カウンセリング

妊娠を希望しない方は避妊の手段としてピルを使用します。ピルは主に産婦人科で処方されていて、避妊の際に利用されるイメージが強いですが、近年ではホルモン療法などの際にも用いられるようになっています。

Read More..