お互いにとって必要|出産や中絶手術など妊娠に関する不安を婦人科で相談しよう
先生

出産や中絶手術など妊娠に関する不安を婦人科で相談しよう

お互いにとって必要

病院

比較的安価な値段で購入することができる

性交渉はしたいが妊娠はしたくない場合には避妊をします。 避妊には、様々な方法があります。 まずコンドームを使う方法があります。 コンドームは男性用の物しかないように思われがちですが、実が女性用のものもあります。 コンドームは非常に安い値段で購入することができます。 千円もしないコンドームもたくさんあるのです。 副作用もなく気軽に行うことができますが、装着を失敗して妊娠してしまうケースもあるので、注意する必要があります。 最も効果的な方法としては、ピルがあります。 女性がピルを服用することは、非常に効果のある避妊方法と言えます。 しかし副作用が出る可能性もあるので、その点は十分に注意する必要があります。 このピルの値段は種類によって違いますが、平均して3千円ほどで購入することができます。婦人科で医師と相談して購入することができます。避妊を失敗してしまったという場合は婦人科で、中絶手術の相談をすることができます。中絶は女性の体や心に大きな負担をかけてしまうものです。繰り返し行うことで不妊のリスクも高くなってしまいます。ですから、中絶手術をしないためにもしっかりと避妊をしておきましょう。

避妊には長い歴史がある

性行為はしたいが子供は欲しくない場合には、避妊をします。 避妊の歴史は相当古く、紀元前の古代ギリシャにまで遡ることができます。 古代ギリシャの女性が、タンポン状のものに様々な油を染み込ませて避妊をした記録があるのですが、本当に効果があったのかどうかはよく分かっていません。 古代エジプトでも、ある方法で避妊をした記録があるのですが、これも効果のほどは分かっていません。 その後中世に入ると、ヨーロッパでは宗教が影響で避妊をするのは罪とされ、近世に入ってもその考えは変わらずに、近代の帝国主義の時代においても避妊をすることは、大変な罪とされていたのです。 避妊が母体保護や人口政策の観点から認知されるようになったのは、第二次世界大戦が終了してからのことなのです。