ピルの利用|出産や中絶手術など妊娠に関する不安を婦人科で相談しよう
先生

出産や中絶手術など妊娠に関する不安を婦人科で相談しよう

ピルの利用

カウンセリング

ピルを使って避妊をする

子供を必要としない人が中絶を避けるために、避妊具としてピルを使うことがあります。 ピルは、産婦人科で処方されるお薬であります。 主に避妊の目的として使われるのですが、他にもホルモン療法として用いられることもあります。 子供を望まない場合は避妊をする必要があるのですが、最も成功率の高い方法としてピルが挙げられるのです。避妊をせずに妊娠してしまった場合は、中絶手術が必要となります。中絶手術は女性のお腹から赤ちゃんを人工的に取り出す方法で、体に大きな負担がかかってしまうのです。中絶を何度も行うことで子どもができにくい体になる可能性もあります。今は妊娠を望まなくても、将来子供がほしいと感じたときに後悔してしまうでしょう。そのためにもピルや避妊具が必要になるのです。ピルはきちんと用法を守って使用すれば、100%の確率で避妊ができるとされます。 また、女性が更年期にさしかかった時の対策法としてホルモン療法がありますが、その時に使われるお薬としてピルが使用されることになるのです。 ピルに関してのいろいろな憶測が飛び交ってはいますが、日常私たちがそのような目的で使う分には何ら支障はないと言えます。

自分の体は自らで守る

現在医療の発展に伴って、ピルも安全性の高いお薬となっているのですが使用するにあたりましては、産婦人科での説明をよく聞き使用を開始しましたら定期的に血液検査をする必要があります。 それは通常、報道されているピルの使用による血栓や乳がんの予防になるからであります。 少ない確率ではありますが、そういうことが全くないとも言えませんので万全を期しておきます。 避妊の目的で使用している女性は多く、年齢を問いません。 若いころから使用している女性は、特に検診を意識しておくことが大切であります。 そのことは教育の場でも、きちんと説明がされています。 正しい知識のもとでピルを使用するということは、私たちひとりひとりの体を守ってくれるということに繋がるのです。